世界三大チーズ「スティルトン」の魅力と特徴、英国での食べ方をたっぷり紹介

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
スティルトン チーズ

・スティルトンチーズってどんな味?

スティルトンチーズの美味しい食べ方が知りたい」

世界三大ブルーチーズのひとつ「スティルトンチーズ(Stilton)」は英国が誇るブルーチーズです。

このスティルトン、わたしはイギリスに来て初めてその存在を知りましたが、イギリスではポピュラーで人々にこよなく愛されているブルーチーズです。

また、エリザベス女王が大好きなチーズとしても有名。

この記事では、スティルトンチーズの魅力と特徴、その食べ方と、日本で買う方法まで紹介します。

食べるとホロリと口の中で溶け、それから濃厚な味が口いっぱいに広がり、、ああ!赤ワインと非常によくあいます。

記事を書いているのはイギリス在住10年のアルノです。スティルトンチーズは料理につかったり、チーズボードでたくさんの種類のチーズとともにデザートとしても食べています♪

目次

スティルトンチーズの魅力と特徴

スティルトンチーズは、英国発祥の世界三大チーズの一つ。

青カビが織りなす独特の風味や、まろやかでクリーミーな舌触りが特徴的で、チーズ好きならぜひ一度は試してほしい逸品です。

▼スティルトンチーズの魅力を知り、その美味しさを存分に味わいましょう!おすすめのスティルトンです↓!

アイチーズ
¥1,120 (2023/04/06 05:20時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

1)世界3大ブルーチーズのひとつ!食べておきたい

世界3大ブルーチーズといえば…

イタリアのゴルゴンゾーラ
フランスのロックフォール
・そしてイギリスのスティルトン

です!

他の2つのブルーチーズほど知名度が高くないスティルトンですが、青カビ独特の芳醇な香りがたまりません。

食べることに興味のある人なら、「世界3大チーズであることを感じながら食べる」それだけで最高に美味しく食べることができます。

2)イギリスらしい頑固さと限定感が間違いない!

「スティルトン・チーズ」は、その生産が英国中部の3つの州であることに限り正式に名乗ることが許されています。

その3つの州とは、、

1)ダービーシャー
2)レスターシャー
3)ノッティンガムシャー

さらに原料は地元の牛乳のみ圧縮しない、製造・熟成にはおよそ9週間かけるなど、、厳格な規定に従って、イギリスらしく頑固につくられています。

この伝統に従って頑固につくられているチーズであることが、英国人の誇りなのかもしれません。

料理にもつかわれる。うまみ!

スティルトンチーズは単独で味わうだけでなく、ステーキやサラダ、パスタなどの料理にも使われることがあり、幅広い料理に活躍します。

以下は、イギリスで食べられているスティルトンチーズを使った代表的な料理の例です。

スティルトンとベーコンのサラダ(スティルトンチーズの塊をサラダにトッピングし、ベーコンと一緒に召し上がれ)

スティルトンをステーキの上にのせる (ステーキにスティルトンチーズをのせて、焼き上げる。ステーキの旨味とチーズの風味が絶妙)

スティルトンのパスタ(スティルトンチーズをパスタソースに加え、パスタに絡めて食べる)

スティルトンのチーズケーキ( 濃厚でクリーミーな味わいが特徴)

あと、スープにつかってもすごい美味しいです!旨味の宝庫!!

スティルトンチーズの美味しい食べ方

青カビの独特の味わいを存分に楽しむ!

ブルーチーズの特徴は青カビです。

スティルトンは青カビがマーブル状になっているんですが、この模様は、チーズの中に空気を入れるため針で外皮を突き通すことでできています。

ブルーチーズの中では水分が少なめでシャープな味わい

スティルトンの美味しい食べ方は?

スティルトンそのものを味わう

スティルトンチーズの美味しい味わい方をチーズ農家のスタッフに教えてもらいました。

①「口に入れる前にまずその香りを味わう。(強くて独特のなんとも形容しがたい香り!)

②それから口の中にいれる。

ホロリと舌の上で溶けるスティルトンは、塩味が効いていて、コクが強く、刺激たっぷりの濃厚な味わいをじっくり楽しむ。」

その独特な味わいを堪能することで、最高に美味しく食べることができるのだそうです。

チーズそのものを味わうため、特にブルーチーズの濃厚な香り、味わいをダイレクトに味わうことができます。

特別な日のためのスティルトンチーズのスペシャルな食べ方

以下は、ロンドンに住んでいたときに、チーズ愛好家の大家さんに教えてもらったパーティーレシピです。

用意するもの

  • スティルトンチーズ
  • クラッカーやバゲット(あまり味の強くないあっさりタイプ)
  • ジャム(梅やクランベリー、フィッグなど)やジェリー、マンゴーチャツネなど。はちみつもおすすめ
  • 赤ワイン

どのように食べるべきか?

【スティルトンチーズの美味しい味わいかた】

  • スティルトンを食べる前に冷蔵庫から出し(2時間くらい前から)室温においておく
  • 皿にスティルトンとジャム等を添えておく(ジャムやチャツネを添えるのは味の変化を楽しむため)
  • クラッカーに、スティルトンを少量のせ一口食べる(おお!塩味がきいてる)
  • 次は、ジャムを少し添えて、味の変化を楽しむ(甘さと絶妙にマッチしてまろやか)
  • ワインとともに、味の変化を味わいます(ワインの強さとスティルトンの強さがバランスをとり、なんともいえない美味しさに!)

この「チーズの味の変化を楽しむ」食べ方が 最高に美味しくスティルトンを食べる方法だそうです!

赤ワインと一緒に食べるとさらに美味しい!

濃厚なスティルトンには、赤ワインがよく合うといわれています。

赤ワインの中でも、重めタイプ(フルボトル)デザートワインのような甘めワインがよくあいます。

【スティルトンと合わせて飲みたいドリンク 】

・フルボティタイプの赤ワイン
・ポートワイン
・シェリー
・甘めフルボトルタイプの白ワイン

やっぱりブルーチーズにはワイン! ワインとともに食すことで味わいがアップします。

▼シャトーヌフ・デュ・パプ は、しっかりとした味わいのフルボディの赤ワイン。スティルトンチーズとの相性がよく、絶妙なマリアージュを楽しめます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

▼ポートワインもスティルトンチーズとの相性が抜群!特に、フルボディのヴィンテージポートワインなど熟成されたものがおすすめ。↓ 

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

▼白ワインでもスティルトンチーズに合うものがあります。サヴィニー・レ・ボーヌは、ブルゴーニュ地方の白ワインで、スティルトンチーズと相性が良いとされています。

ワインと一緒にスティルトン!スティルトンチーズと合うワインは、濃厚でしっかりとした味わいのものがおすすめ♪

 まとめ

以上、イギリスに住むチーズ好きアルノが英国を代表する逸品、スティルトンチーズの魅力を紹介しました。

世界3大ブルーチーズのひとつ、スティストンは一度は食べておきたい特別なチーズです。

どうせいただくなら、味の特徴やその歴史、美味しい食べ方を知って、より深く味わったほうが美味しく味わえるというもの。

ブルーチーズは、その強烈な風味と匂いから「臭い!」と敬遠する日本人が多いと感じます。 わたしの日本人の友人もブルーチーズを敬遠する人が多い。

でも、このスティルトンを一度味わってみてください。

独特の青カビの風味や、まろやかな舌触りは、チーズ好きなら必食の一品。

世界三大ブルーチーズを一気に食べてみたいかたは、こちらのゴルゴンゾーラ(イタリア)、ロックフォール(フランス)、スティルトン(イギリス)の3点セットがお得です!↓

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

エリザベス女王もお気に入りの 英王室の味でもあります♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。Byアルノ

スティルトン チーズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次