フード

マルドンシーソルト(Maldon Salt)で味を底上げ!料理上手と言われたいあなたへ

こまった
こまった
料理に使う美味しいお塩をさがしている

お料理の味を決める「さ・し・す・せ・そ」。

今回は、イギリスでも美味しい食事作りにかかせない「し」の「塩」、『マルドンのシーソルト』を紹介します。

私にとっては、これがないと料理の味がきまらない!という料理の味を底上げしてくれる最強アイテムなのです!

 

マルドン シーソルトとは?

1882年創業のイギリス東部エセックスにある「マルドンクリスタルソルトカンパニー」が作る天然塩です。

2012年にエリザベス女王よりロイヤルワラント(王室御用達)が授与され、今や世界中の有名シェフ、有名レストランで使われています。

なんといっても、「まろやかな味わい」が特徴!

 

製法は?

マルドンは、昔ながらの伝統的製法を守っています。

この塩技法は、海水を一旦濃縮してから煮詰めるという方法

塩分濃度の高い海水をろ過した後、平釜で15~16時間煮詰めます。

そのときにできた小さなピラミッド型の結晶が徐々に大きくなり窯の底に沈殿。 水分の大部分が蒸発したあと、この結晶をあつめ、最後に乾燥させて出来上がり!

アルノ
アルノ
一粒一粒が小さなピラミッド型の塩の結晶は、中が空洞な白透明色でまさに「クリスタル・シー・ソルト」。

 

おすすめポイントは?

とにかく使ってみればわかる、そのまろやかさと後味のよさ

普通の塩やまずい塩で煮物やシチューをつくると、なにか「カチン」とした味のきつさ、味の角のような違和感を感じます。味にそうとううるさい8歳の息子も同様。

特に、ゆで卵やおにぎりなどダイレクトに塩の味がわかるものなら、舌においたとたんにわかります。

わたしなんて、他の塩で天ぷらを食べたときには、塩を洗い流しちゃったくらい。

でも、マルドンのシーソルトならどんな料理もうけとめてくれるおおらかさのようなものを感じます。複雑かつ、立体的な味わいとでもいいましょうか。

悪い塩を食べたあとの後味の悪さのようなものは皆無です。

マルドンシーソルトの種類と最安値は?

1)マルドン・シーソルト

うちは、コレを使ってます。優しい味わいのスープや薄い味付けの料理も、これじゃないと味がきまらないってほど重宝。

他にも以下の料理によく合ってます。

ステーキなどシンプルに肉料理!! ゆでたまご! シンプル塩こしょうの焼き鳥! 海外でつくる美味しいおにぎり

楽天とヤフーショッピングが価格・送料ふくめてお得です。

 

2)マルドン シーソルト(スモーク)

マルドンシーソルトを燻製にし、スモーキーな後味の残る塩になっています。

天ぷらや、肉料理によくあいます。少量でパンチがあります。

まとめ

わたしは、自宅でイギリスのマルドンシーソルト2種と、フランス産のシーソルトの3種類を料理に使っています。

アルノ
アルノ
料理につかう「塩」は後味やうま味をきめてしまいます。本当に大事。

あなたもマルドンの塩で料理に自信がもてますように。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。